着付けの知識

着付けの習い事をするなら知っておきたい「湯のし」とは

着付けの習い事をするなら知っておきたい「湯のし」とは 着付けの習い事をするなら知識として知っておきたい「湯のし」とは反物に蒸気を当てて生地を柔らかくするのと同時に、シワを伸ばし、縦糸と横糸の繊維を等間隔にし、幅を整える作業のことをいいます。
洗い張りの仕上げや、ガード加工の前、仕立ての前に行われる織物仕上げの工程のひとつです。
天然繊維である絹はとても伸縮性がつよい素材で、特に友禅染めは、何度も繰り返してみずをくぐるので、縮みが激しくなりがちなために、最終段階だけでなく染色の工程の中でもこの工程を行うこともあります。
ちなみに、昔ながらの手作業によるやり方と、機械によるやり方とがありますが、現在ではほとんどが手作業ではなく機械を使っての作業が一般的になっています。
湯通しという似た言葉もありますが、こちらは反物をぬるま湯に浸してノリを落とし洗うという作業をすることです。
習い事として実際に湯のしを体験してみれば、着物ができるまでの知識がもっと深まります。

個人で着物が着られるように着付けの習い事を始める

個人で着物が着られるように着付けの習い事を始める 和服は日本人にはなくてはならない大切な伝統的ファッションなのですが、この現代ではこれを身に纏う人が少なくなってしまったことは残念なことです。
これは現代社会の様子をよく考えてみれば仕方ないことだとも言えます。
しかし、冠婚葬祭などではいまだに着物は重宝されているのも事実です。
大概は着物を着るために美容室などで着付けをしてもらうのが一般的でしょう。
これを個人でしっかりと着ることができれば、必要なときにはいつでも気軽に身に纏うことができます。
そのためにも着方が学べる習い事に通うこともおすすめです。
そうした習い事ができるところは今は多くあります。
何も冠婚葬祭でなくても普段の日に着物を着ることだってできるのですから、これは素敵なことではないでしょうか。
今は外国人観光客の間でもこの着物は人気で、京都などの観光スポットへ行けば、外国人がおしゃれな着物を着て町を歩いている様子を目にすることができます。
日本人も負けてはいられません。

新着情報

◎2020/10/28

取得できる資格の種類
の情報を更新しました。

◎2020/09/15

サイト公開しました

「習い事 個人」
に関連するツイート
Twitter